民家の庭先や集落で管理している花壇などではコオニユリやアジサイの他にも色とりどりの初夏の草花が咲き、島民の目を楽しませてくれている。

DSCN1662

集落で管理していると思われる花壇にはカンゾウの仲間と思われる品種がいくつか植えてあり、ちょっと珍しい色の花も見られた。

DSCN1666

こちらは種子島にも自生しているヤブカンゾウかな?

DSCN1664

こちらは民家の花壇に咲いていたユリの花。
このユリの花もあまり見かけない珍しい色。

DSCN1625

カノコユリに似たこのユリの花は民家の庭先に咲いていたものだが、大輪の品種のようでそれは見事だった。

DSCN1669

種子島ではここ数年、高圧送電線の架け替え作業が盛んに行われていて、時々作業現場に出くわすことがある。
豆粒のように見える作業員の姿。
あれ人間だよなぁ? そう思いながら写真を撮って拡大してみると、やっぱり作業員の皆さんだった。

DSCN1577

高所恐怖症の俺、鉄塔の最上部の作業員の姿を見るだけで、身震いしてしまう。
命綱があるとは言え、あんな高所で、しかも片手で作業、とんでもない、とんでもない。
自分には絶対無理。(笑)

DSCN1576

大の苦手はヘビ! だが、ヘビの次に苦手なのが高所だと再認識。
電気があるのが当たり前という現代だが、時々停電になるとその大切さを改めて感じる。
現場で働く皆さんに感謝、感謝です。